banner

アメリカ人が会社設立

アメリカ人が会社設立するのは大変だ

会社設立をしたいという勇気のあるチャレンジ精神の溢れる人達というのは、何も日本国内においても日本人だけではありません。外国人の中にも、日本で何とかしてビジネスを立ち上げて社会貢献しながら自分自身もお金稼ぎをしたいという熱意に溢れた人達は沢山存在しているものなのです。そのような外国人は世界中の色々な国から日本に集まってきていますが、特にアメリカ人も最近では多くなってきています。やはりTPPの問題とも関連していることが、その理由の一つであると言えるのでしょう。

ところでアメリカ人が日本で会社設立をしようと志す場合、日本人に比べて乗り越えなければいけない様々なハードルが多く存在することになります。それだけ外国人が日本のビジネス社会で上手くやっていこうと思うのは大変なことだということなのです。それでは具体的にアメリカ人が日本で会社設立して成功しようと思った場合、どのような試練やハードルが待ち受けていると言うのでしょうか。

まず会社設立をしていざビジネスを開始しようと頑張ったとしても、外国人であるという理由だけでなかなか取引先等から信頼されにくい恐れがあるのだということを常に考慮に入れて会社設立の為の準備をしていく必要があるのだということを忘れてはなりません。最近では日本も一昔前と比べまして在住外国人の数も増え、国際化が進展してきています。しかしやはり依然として日本人というのは島国根性を持っている為、外国人である以上中国人であろうが韓国人であろうがアメリカ人であろうが信頼しないということが多々あるのです。その為例えば会社設立に当たっては普通は多額の資金が必要であり、銀行等から融資をしてもらう必要があるものですが、その銀行が外国人相手に融資を渋るというのも色々な場所でよく聞かれる話なのです。しかし融資をしてもらわないことには会社設立は出来ませんので、どうしても会社設立を諦めたくないというアメリカ人であるならば、何とかして銀行側に自分は信頼に値する人間なのだということを何とかして分かってもらう必要があるのです。

その為には例えばいざという時に返済する為の十分な担保を提供できるのだという情報を提供して銀行側を安心させてあげたり、ずっと長く日本に住むつもりなのであればそれに適したビザを取得しておく等々といった方法があります。とにかくアメリカ人が日本で会社設立するのは大変ですが、努力して頑張るしかないのです。

Copyright(c) 2015会社設立を誰がやっても万全な体制でするためにAll Rights Reserved.