banner

挨拶もしっかりと

会社設立時には手間をかけ挨拶もしっかりと

会社設立には費用も手間もかかります。新会社法によって株式会社設立に最低1000万円用意しなければならないということはなくなりましたが、それでも資本金は多くあるほど後の経営が楽になります。

また会社設立の際に手間をかけるほど後の経営が楽になります。

会社設立をするには起業の目的や事業内容、経営方針などをしっかり決めておくことが必要です。一人で起業をするにしても複数人が発起人であってもしっかりと理念を持ち、皆の意見を合わせておかないと会社を立ち上げてからトラブルになっては困ります。

また、資本金は自己資金を使ったり人に借りたり、金融機関で借りたりして集めるのですが、借りると返していかなければならないのでできるだけ自己資金で調達できるようにするのが望ましいのです。ただ自己資金を全部資本金にしてしまうと自分の生活に支障が出るので、生活のための資金は余裕をもって残しておくようにします。

そのように会社設立の意義や方針、資本金の準備をしっかりしてから会社設立の手続きに入りますが、これらを手間をかけてしっかりとすることによって定款を作成するときにスムーズに行うことができます。定款には会社名、事業目的、内容、資本金、役員就任の承認などを入れるので、はじめから決まっていると記しやすくなります。

次に作成した定款を公証人役場で認証してもらい、その定款と役員たちの印鑑証明書、資本金の口座への払込証明書、登記申請書などと一緒に綴じて法務局で登記を行います。

これらの作業は自分ですることもできるし、行政書士や計理士など専門家に代行してもらうこともできます。

そして会社が登記されると、いよいよ経営の始まりなのですが、会社を立ち上げたことを周囲に知ってもらうためにも挨拶状を作成して取引先になる企業や顧客に送ったり、実際に出向いて挨拶に伺うことが大切なこととなります。会社設立において挨拶は今後の取引をするためにとても大切な第一歩となります。

だからできるだけ多くの企業や周辺の方たち丁寧に挨拶をすることで、好感度や信用度のアップにつながるので、手間を惜しまずしっかりと行うようにしましょう。

このように会社設立時に手間や費用をかけることが後の経営をスムーズにするのです。

しっかり耕し、栄養をたっぷり含ませた土壌には放っておいても植物が育つように、会社設立においても手間や費用をかければかけるほど周囲から信用され、取引もスムーズになるのです。

Copyright(c) 2015会社設立を誰がやっても万全な体制でするためにAll Rights Reserved.