banner

社会保険の手続き

会社設立の際忘れてはいけない社会保険の手続き

自分の持つ知識や能力、また、人脈などを活用して会社設立を果たし、営業活動を進める事によって収益を上げることは多くの人が夢に見ることでしょう。

既存の会社に勤め、労働を提供することによって給料を得る場合に比べ、安定性は劣るかもしれませんが、自身の才覚によって会社を大きく発展させる事も可能になり、利益を得ることだけに留まらずスキルアップや新たな人脈を作り上げる事、更に仕事によって得られる満足度は、サラリーマンで居続ける場合とでは比較になりません。

しかし、会社設立のためには乗り越えなければならないハードルも数多く待ち構えている事も事実です。

当面の資金準備、銀行や得意先となる会社との交渉、勿論、許認可も含め、会社設立を公的機関に届け出る必要も有るのです。

そんな手続きの中で、忘れがちなものが健康保険や厚生年金、そして雇用保険などの社会保険への加入です。

設立したばかりの会社では社員も少なく、資金的に社会保険に加入する事が難しい場合も勿論有ることでしょう。

しかし、現在の法律では株式を発行する株式会社で有れば全てが、また、そうで無い場合でも家族以外の人を一定数以上雇用した場合は社会保険に加入する義務が発生するのです。

勿論、会社設立に関するその他の手続きに追われ、保険への加入を忘れてしまう場合も無いとは言えませんが、後に発覚した場合、それまでの保険料を遡って納付する事を求められる可能性が有るばかりか、意図的に未加入であると認定されてしまえば、法令違反として法的措置を取られてしまう場合もあるのです。
そのようなリスクから逃れるためにも、会社設立と同時に保険への加入手続きを進める必要が有るのです。

現代の日本において営業活動を行う会社は、その大部分が社会保険への加入義務を負います、
業種に関わらず、また、規模の大小に関わらず保険への加入手続きは、登記などの会社設立に関する手続きと同様に重要な物と考え、可能な限り早期に、出来れば会社設立と同時に加入している状態となるよう、手続きを完了させている事が望ましいのです。
営業活動が順調に回り始めた段階で保険へ未加入を指摘され、予想外の出費に慌てる事になっては、本業に充当出来たはずの資金にも影響が及ぶ事も考えられ、その後の営業活動に悪影響をもたらしてしまう事も有り得るのです。
会社のためには勿論、経営者も含めた社員一同、そしてその家族にまで影響する事も有るのですから、会社設立と同時に社会保険への加入手続きを忘れずに行う事は大切です。

Copyright(c) 2015会社設立を誰がやっても万全な体制でするためにAll Rights Reserved.